閉じる
TEST DRIVE写真

TEST DRIVE 試乗 走りの歓びをお気軽にご体感ください

試乗について

日常走るルートや、車庫入れ・高速道路などのその人に合わせたシーン別体感が可能。

数分の試乗ではわからない、BMWの本当の魅力を体感するための

30分の試乗ルートをジーニアスがご提案します。

定番の試乗コースも、BMWの駆けぬける歓びや、でこぼこ道でも快適な乗り心地、

オーディオの質感までも体感いただけるような試乗プログラムをご用意しております。

Osaka BMWの特徴と強み 最新モデルも含め、全てのモデルラインナップを展示しております。

駆けぬける歓び

BMWは「駆けぬける歓び」というテーマに沿った車作りをしているブランドですので、他ブランドと比較をされた際にでも試乗というのは非常に重要な項目になります。

試乗写真01

エクステリア、インテリアデザインなどは個人の好みもあるかと思いますので、

絶対にBMWがいいという話ではないと思いますが、運転のしやすさ、

加速性能、ハンドリング性能、ブレーキング、

一般的に、走る・曲がる・止まるという項目においてBMWが他ブランドに比べて

負けている部分はないという自負がございます。

それをお客様に一番わかりやすく感じていただけるのは試乗しかございません。

弊社は他ディーラー様と比較をしても多くの試乗車をラインナップしておりますので、

気軽に試乗体験も実施いただける環境が整っておりますので、

お気軽にお声がけいただければと思います。

走る曲がる止まる

BMWの駆けぬける歓びは、車の基本性能の「走る・曲がる・止まる」これを癖なくパーフェクトにドライバーの意のままに操れるのは試乗で明確になります。

試乗写真02

パワーやトルク等のカタログ数値を比べる方がいらっしゃいますが、

BMWは他社他ブランドと異なりカタログ数値の為の車作りではないので、

ドライバーの意のままに操れるカタログ数値以上の走りをお約束します。

ACCやステアリングアシスト、パーキングアシストやリバースアシストに、

ヘッドアップディスプレイやナビゲーションの案内や見易さ等、使い易さや利便性等の

全てを実際にご体感頂きたい。

・実用速度での静粛性や、ガソリンエンジンはもちろんディーゼルエンジンやPHEV等の振動の少なさ

・ドライビングパフォーマンスコントロールモードの各モード毎の他社他ブランドと異なる、明確な走行モードの違い

・ただ静粛性が高く静かなだけでない、エキゾーストサウンドの伝わる車作り

弊社はお客様のご要望に沿った試乗コースを提案しております。もちろんお店として決まったコース(ショートコース&ロングコース)はございますが、お客様が普段走りなれている家の近所を走ってみたい、自身の家の車庫が狭いので一度入れてみたい、高速道路を走ってみたいなど、お客様によっては試乗に対する色々なご要望があるかと思います。

弊社はそういったお客様のご要望に柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談をくださいませ。また定番の試乗コースもただ試乗いただくわけではございません、BMWの駆けぬける歓びを体感いただけるゾーン、あえて凸凹した道路を走ってもらい乗り心地の確認をしていただいたり、オーディオの質感を感じていただいたりと、試乗プログラムにおいて、多種多様なご提案をさせていただけるかと思います。

安全性写真

BMWの主な安全性能

日本初 高速道路渋滞時ハンズ・オフ・アシスト

日本初 高速道路渋滞時ハンズ・オフ・アシスト

日本初(*1) 高速道路渋滞時ハンズ・オフ・アシスト(*2)(*3)

あなたが高速道路(*4)を走行中に渋滞に巻き込まれた場合、

一定の条件下であれば、アシスト・システムを起動させることにより

クルマがステアリング操作を自動的に行うため、

ドライバーは ステアリングから手を離したまま、運転を継続できます。

日本初*13眼カメラ・システム

日本初3眼カメラ・システム

近距離中距離長距離を同時にモニターする

日本初(*1)の3眼カメラ・システムで、運転支援テクノロジーにおける

危険予測性能の精度を、さらに高めています。

アクティブ・クルーズ・コントロール

アクティブ・クルーズ・コントロール

ステアリングだけでなく、アクセルやブレーキも自動的に操作。

先行車との車間距離を保ったまま、スムーズな追従走行を継続。

高速道路の渋滞時におけるドライバーヘの負荷を大幅に低減させます。

リバース・アシスト/後退時ステアリング・アシスト機能

リバース・アシスト/後退時ステアリング・アシスト機能

リバース・アシスト/後退時ステアリング・アシスト機能(*5)

35km/h以下の走行時に、直近50mのルートを自動的に記録。

必要時にはこれまでドライブしてきたルートに沿って

ステアリングを自動的に操作しながら後退します。

*1:BMW Japan 調べ。*2:ご使用の前には、取扱説明書にて各機能の原理や操作方法を必ずご確認ください。運転者には、いかなる場合でも安全運転を行う義務があります。本機能は、運転者が責任を持って安全運転を行うことを前提とした「運転支援技術」であり、運転者に代わって車が自律的に安全運転を行う、完全な自動運転ではありません。システムの認識性能には限界があるため、路面状況や気象条件等によってはシステムが作動しない場合や、不適正にまたは理由なく作動する可能性があります。そのため、安全確認や運転操作をシステムに委ねる運転は、重大な事故につながる危険があります。常にご自身の責任で交通状況に注意し安全運転を心がけてください。*3:完全な自動運転はできません。システムは状況が作動条件を満たさなくなった場合、安全のため直ちに作動を中断します。また、ドライバーは前方に絶えず注意を払うとともに、緊急時などシステムが要求した場合、直ちにハンドルを確実に操作することが可能な状態を保つ必要があります。*4:高速自動車国道法に定める「高速自動車国道」および「指定都市高速道路」に分類される道路。*5:完全な自動運転はできません。少なくともいずれかの手をステアリング・ホイールのリムに添えている状態で作動するもので、完全に手がステアリング・ホイールから外れると警告音が鳴り、一定時間後にアシスト機能を停止します。※上記は一例となります。各性能はモデルによって異なります。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

これら以外にもBMWには様々な先進の安全性能が装備されておりますので、詳細については下記をご覧ください。